農業大国オランダから取り入れた最新鋭の栽培農法!


9月中旬 仮定植
9月下旬 本定植
10月上旬 誘引・芽かき
10月中旬 受粉
随時 病気や害虫
随時 栽培管理
11月上旬〜 収穫
随時 出荷

ミニトマトを一年を通してお召し上がりいただけるよう周年栽培をしています。
一年に栽培する本数は、約8,000本です。

【 仮定植 】(キューブ植え付け)
専門業者から育苗してもらった大事な苗は、ロックウールキューブに移植します。
【 本定植 】(バック植え付け)
いよいよ広い畑にお引越しです。 青々とした葉の色と太くてしっかりした茎が元気の証です。 元気のいい苗を優先して選んで植えていきます。
【 誘引・芽かき 】
ミニトマトの成長を促すために、余分な芽(わき芽)は全て取り除きます。 これをするのとしないので、後々の糖度の乗り方が大きく違ってきます。
ひとつひとつ丁寧にカットすることも、私達の大事な仕事の一つです。
【 受粉 】(クロマルハナバチの放飼)
ミニトマトの受粉には、受粉を目的に飼育された『マルハナバチ』の力を借ります。
当ハウスでは環境や生態系への影響を考慮し、日本在来種である『クロマルハナバチ』を利用しています。
【 病気や害虫 】
ハウスでは虫が付きにくい環境を整えてありますし、健康なトマトを育てることで、 強い元気なトマトになっています。でも病気や害虫にかかってしまうとせっかくのトマトが かわいそうです。ハウスを見回って、早期発見して、万一病害虫があった時には早めに薬を処方 してあげることで早期治療できます。
【 栽培管理 】
オランダ式の最新鋭の環境制御装置を導入しました。
作物の最適な生育環境を自動的に作り出し、管理します。
コンピューターシステムで、換気、暖房、CO2供給量管理、スクリーンなどを制御、 また、肥料の用量を含めて水の供給を制御するので、年中、安定した品質を保つことができます。
【 収穫 】
当社社員が、まごころ込めて収穫しています。
【 出荷 】
選果機で、サイズ分け&洗浄。 一つ一つミニトマトを確認しながら、パック詰め・箱詰めを手作業で行います。 割れや、サイズが小さいものを見つけた場合は、その都度外していきます。